アヤマセラシオンペリキューレはどうやって造るのか

まずこちらが、ワインになる前のアヤマセラシオンペリキューレ、搾汁当日の果汁です。

f:id:ryushuen:20201014110559j:image

今年も綺麗なシャンパンゴールドになりそうな濃厚なオレンジ色

 

どうやってこちらの果汁を搾ったのか、ぜひご覧ください。

 

真っ赤に完熟した甲州葡萄を選果して、良い葡萄だけを日陰で干します。葡萄の体積が減り、味が濃厚になっていきます。

f:id:ryushuen:20201014113731p:image

2日後にワイナリーに持込み、破砕機に入れます。

ここで、果梗(軸部分)だけが取り除かれます。

f:id:ryushuen:20201014110736p:image

残った皮・種・果汁をタンクの中で一日醸します。

果汁には皮や種からの特別な香りや旨味がたっぷりと浸透します。

f:id:ryushuen:20201014112133j:image

そして翌日、いよいよ搾汁

f:id:ryushuen:20201014112500j:image
f:id:ryushuen:20201014112503p:image
f:id:ryushuen:20201014112607j:image

手作業で搾汁機に

f:id:ryushuen:20201014112853j:image

こうして、丁寧にアヤマセラシオンペリキューレは造られています。

 

この日1日だけしか味わえない果汁は格別な味がします。

f:id:ryushuen:20201014120722j:image

 

 

 

 

古樹甲州の収穫

9月の終わりに収穫をしました!

1年にたった1度だけの楽しみです。

 

今年も長雨で、梅雨の時期から悩まされましたが、前田龍珠園では毎日のように葡萄園を廻り、丁寧に一粒一粒ハサミを入れて管理してきました。

 

そんな大切な葡萄、今年も仲間達が集まってくれて、丁寧に収穫して、じっくりと選果してくれました。

 

例年と違うのはコロナ対策。

全員が同じ方を向いて選果作業をするなど色々と注意を払いました。

f:id:ryushuen:20201010171648j:image

一房の粒が少量になってしまう物もありましたが、美味しい葡萄だけを残すことは、前田龍珠園の美味しいワインへのこだわりです。

f:id:ryushuen:20201010171852j:image

葡萄の色は濃い紫色に。

収穫後の畑は仕事が一段落したかの様な落ち着いた様子です。

f:id:ryushuen:20201010194258j:image

さあ、この後は醸造です。

f:id:ryushuen:20201010194540j:image

今年の葡萄も色濃く、琥珀色のワインが出来そうな予感がしています。

 

 

 

 

古樹

いつも農作業の時には、怪我予防のために必ず長袖を着ます。

 

今日は薄手のブラウス、帽子、長靴にマスクを付けて畑へと向かいました。

 

🚶‍♀️🚶‍♀️🚶‍♀️🚶‍♀️🚶‍♀️🚶‍♀️🚶‍♀️🚶‍♀️🚶‍♀️🚶‍♀️🚶‍♀️🚶‍♀️🚶‍♀️🚶‍♀️🚶‍♀️🚶‍♀️

 

畑では、生まれたばかりの透けるような薄い葡萄の葉がそよそよと風に揺れています。

 

先日芽を出した古樹たちも、しっかりと葉を付けています。

 

良かったー

 

古くなり割れてカサカサになった、ささくれた幹からも若々しいしなやかなツルや葉が

f:id:ryushuen:20200515021548j:image
f:id:ryushuen:20200515013802j:image

幼い頃に存分に遊んだ、家族との楽しい思い出がいっぱいある大好きな場所で、ずっと活きている葡萄の木たち

 

元気でいてくれてありがとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心配していました

落ち着かない毎日ですが、季節は春を迎えています。

 

畑には草が伸び、草取りをすれば鳥が集まって来て、例年と変わりません。

 

ある古樹甲州葡萄に元気がなく、昨年から心配していました。

 

その古樹が元気に芽を出してくれました。

 

f:id:ryushuen:20200423172646j:image

このまま成長してくれるのを祈っています。

嬉しい出来事のご報告でした。

美味しいワインのために!

3月に入ってからは気持ちの良い天候が続き農作業もはかどりました。

 

2月の剪定が終わり、あちこちに散らばってしまったツルを集めました。

f:id:ryushuen:20200325114250j:image

f:id:ryushuen:20200325113840j:image

 

集めたツルなどで山盛りになりました。

チッパーを使って、粉々に。

f:id:ryushuen:20200325113943j:image

葡萄の枝チップを畑中に撒き、フカフカな土を作りました。

次に葡萄の幹や、太いツルの皮むき作業です。

f:id:ryushuen:20200325114358j:image

皮の下にはカイガラムシなどが休眠している事があるからです。

発見し次第、手作業でこすり落とします。

100円ショップでも買えるこちらの手袋が便利です。

f:id:ryushuen:20200325114423j:image

その次は、前年の葡萄が残した巻きひげ取りです。

こんな小さな古ツルなのに、細菌の温床だそうです。

f:id:ryushuen:20200325114530j:image

ニッパーを使い、一つ一つ丁寧に除去すると葡萄棚越の空が青くてとてもキレイで、少し見とれてしまいました。

 

ひとつひとつの農作業は時間が掛かりますが、やった分だけワインが美味しくなる大切な仕事です。

畑のあちらこちらに水滴の跡が。

剪定した切り口から、ポタリポタリと大粒の水滴が落ちていました。

f:id:ryushuen:20200325115032j:image

3月中旬にこんな風でしたから、今年の開花は早そうですね。

 

 

 

葡萄の剪定

葡萄の木は、寒い冬の間は静かにジッとしています。

 

ツルも硬く、動かすと折れてしまうほど。

 

今は収穫の時に繁っていた葉っぱが落ち、そんなツルだけが残っています。

 

畑に立って空を見上げると、ツルの間から綺麗な青空が広がっています。

f:id:ryushuen:20200209174413j:image

 

勝沼は今日も快晴です。

 

やる気満々!さあ剪定!

 

夫とそれぞれ担当する木を決めて、作業開始です。

 

「芽が出て来たらこの方向に伸びるから」とか「こちらのツルは樹勢が強いから」など、頭を悩ませながらも大胆にカットしていきます。

f:id:ryushuen:20200209174438j:image

 

いつも農作業をしているとモズが近くまでやって来ます。

f:id:ryushuen:20200209174239j:image

 

モズに話しかけては癒されて、また剪定を続けます。

 

遠くで、夫に呼ばれたような

 

なんと夫もモズと話をしていました。

 

穏やかな1日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワインの瓶詰めの前の楽しみは?

昨年9月に収穫した甲州葡萄が瓶詰めの時期を迎えました。

 

今年は長雨やひょうの影響で、多くの葡萄栽培農家が被害に悩まされたようです。

 

前田龍珠園では畑に行く度に、先の細いハサミを使い、隣の粒を傷つけないように、影響を受けた粒を丁寧に一粒ずつ落としました。

 

その甲斐あって、房自体は小さくなりましたが、美味しいひと房が出来上がりました。

 

そんな想いのこもった葡萄ですから、どんなワインに仕上がっているのか、楽しみでなりません。

 

瓶詰め前のワイナリーを訪問し、テイスティングした上で、レシピを考えるのは最高の楽しみです!

f:id:ryushuen:20200207174216j:image

 

1000平米の小さな畑の葡萄で、2種類のワインを作っているのですが、

 

先ずはノーマル醸造法アヤモノポールテイスティング

 

上品な香りと濃さに驚きました!

 

そして、皮と果汁を1日つけこんで、皮の複雑な渋みや酸味を果汁に浸透させたアヤマセラシオンペリキューレをテイスティング

 

濃く深い味わいでした。この複雑味を残すように、こちらは無濾過で仕上げる事に決めました。

f:id:ryushuen:20200207174602j:image

 

 

同じ甲州葡萄でも、畑や栽培者ごとに違う味となり、ワインも決して同じ物はない!

 

前田龍珠園は今年も良いワインが出来ています。